JFOR                    非暴力で平和を求め続ける日本友和会

トッププロフィール この会の歴史 活動内容と報告 入会のご案内ニュース 資料・リンク

 


 
友和会(FOR:Fellowship of Reconciliationとは?

  
キリストの愛に示される和解と赦しの精神にもとづき、武力ではなく非暴力による和解と
 平和の実現を目指す国際的な団体です。
  生命を大切にするという基本精神に同意する人は、キリスト教徒に限らず、イスラム教徒や仏教徒など、特定の宗教に属さない人々も参加しています。
 非暴力による愛と和解(reconciliation)を、積極的に実践し(active-nonviolence)平和を造り出そうと努力しています。

 
国際友和会(IFOR:International Fellowship of Reconciliation) 
 
 

 
スイスでキリスト教の国際会議が開かれている最中に第一次世界大戦が勃発(1914年7月)、その会議に参加していたドイツ人牧師と英国人クエーカーは、「聖書には”殺すな”と書いてある。それなのに若者を”敵を殺せ”と戦争に送り出すのは間違いではないか」と話し合い、帰国後、戦争反対運動をしようと誓い合い別れました。
 帰国後、ドイツ人牧師は逮捕、収監されましたが、英国人クエーカーは平和運動を続け、その年のクリスマスに130人がケンブリッジに集まり平和団体をつくりました。
 これが国際友和会の始まりです。現在、本部はオランダにあり、世界各地に40余支部の活動を支え、国連のNGOとして代表を派遣し、助言や提言も行っています。
 会員の中からは、キング牧師、マグアイア女史など6名のノーベル平和賞受賞者を出しています。

   

  
            



           日本友和会 連絡先

           〒432-8033
           浜松市中区海老塚2-25-509

           事務局長 水戸 潔 
           Mail kiyoshi.mito@nifty.com
           Tel/Fax: 050-3401-0483


    入会のご案内

  先ずは上記の連絡先へ。
  詳しくは入会ご案内admissionをご覧ください。

最新情報


【抗議文の提出】 辺野古違法確認訴訟判決に抗議します


内閣総理大臣 安倍晋三殿
内閣官房長官 菅 義偉殿
沖縄・北方担当大臣 鶴保庸介殿

 2016916日福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、
国側が沖縄県の翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」判決で国側の請求を認め、県側の埋め
立て承認取り消しを違法と認定しました。

 
 この判決はわが国の今後のあり方について大きな問題を残しました。憲法92条『地方自治の基本原則』
には「地方公共団体の組織および運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める」
とあります。しかし今回、地元住民の圧倒的多数の声をまったく無視し、必要な法案の整備抜きで『日米
安全保障条約』を名目に国側の主張を「違法」と認定しました。今後、政府が必要と認める「安全保障上の
政策」は、その生活が甚だしく影響される地方住民の意向に関係なく実施してよいという先例を残すこと
になります。

 
 しかも憲法95条『特別法の住民投票』では、「一つの地方公共団体のみに適法される特別法は、法律の定めるところにより、
その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、それを制定することができない」とあります。
翁長雄志沖縄県知事の承認取り消しを「違法」と認定する前に、国はみずからが果たすべき法的手続きを怠っていることを猛省し、
改めて即時、適切な手続きを取るべきです。

 
 さらに大原則として日本国憲法の前文に「日本国民は、正当に選挙された国会における代表を通じて行動し、われらとわれらの子孫
のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が
起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言しこの憲法を確定する。そもそも国政は、国民の
厳粛な信託によるものであって
その権威は国民に由来しその権力は国民の代表者がこれを行使しその権利は国民がこれを享受する
(棒線筆者、以下略)」とあります。これは日本国政治の要であり、特定の内閣が、ある時期、他国と取り交わした条約よりも優位な
存在です。

日本友和会は、創立1914年来、非暴力により戦争反対のため闘ってきた国際友和会の支部であり、みずからも過去90年間、国内
外紛争の和解のために労してきました。私たちは国の沖縄基地問題対応の仕方に非常に心を痛めております。特に辺野古や高江で非暴力
の坐りこみにより意志表示する住民を、本土から派遣された機動隊や警察官が手荒に扱い負傷者を出し、根拠不十分の不当逮捕を続けて
いますが、その報道は抑えられています。菅官房長官は今回の判決を受け、「ぜひ和解をしたい」とのべたと報道されました。暴力によ
って住民を脅さず、心を開いて沖縄住民の話を聞き、話しあう姿勢を示して下さるよう切望します。

平成28( 2016)  920日               

日本友和会 理事長  飯髙京子
      事務局長 水戸 潔

432-8033 浜松市中区海老塚2-25-509

                     



2016年度 活動報告

2016年度、日本友和会創立90周年記念講演会、全国大会は無事に終了しております。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

2016年度 日本友和会創立90周年記念 講演会と全国大会


記念講演会
 
  どうなる日本?どうなるEU?
 グローバル・ファッシズムに対する市民運動の希望と課題


2016年8月5日(金)
前田 朗 氏              東京造形大学教授、日本友和会理事         
ダヴォルカ・ロヴレコヴィチ 氏   国際友和会理事長



創立90周年記念全国大会
 今、改めて問う ”平和”を!

日程: 2016年8月5日・6日 
会場: 高尾の森わくわくビレッジ(東京)


*報告の準備中です。